妊娠のかなり初期のトラブルの下痢や下痢に似た腹痛は問題ない?

0f5feddce3bd1d11e339f5186415de7b_m

 

妊娠のかなり最初の頃になると、下痢、あるいは下痢に似た腹痛のトラブルが現れる場合があり、「どうしてこれほどまでに下痢をするのかしら?」「こういう下痢って問題ないのかな?」とビクビクと悩んでいる方もたくさんいるんだそうです。

 

そういう訳で、妊娠のかなり初期に起こる可能性が高いトラブルと考えられる下痢とか痛さに関して、理由やケアの仕方、流産のリスク等の事について取りまとめました!

 

1 妊娠のかなり初期のトラブルで下痢がもたらされる5個の原因って?

 

妊娠のかなり初期に下痢、あるいは下痢と同じ様な腹痛が生まれる原因は下記の5つとなります。

 

【1】自律神経の異常

着床が行なわれて妊娠が決まると、「ヒト絨毛性ゴナドトロピン」という名のモンスターかのようなネーミングのホルモンが生みだされることになります。それ以外に妊娠を保護するために欠かせないエストロゲン・プロゲステロン等のホルモンが、これまでとは異なった分泌の活動を始めることから、ホルモンのバランス状態が急変します。

 

ホルモンバランスを崩すと自律神経までも崩れることもあって、自律神経が影響を及ぼす排泄作用もアンバランスになってしまい、それゆえに下痢を発症するということなのです。一方で便秘を発生させてしまう方も存在するようです。

 

【2】プロゲステロンが元となる腸活動の減少

プロゲステロンという名のホルモンは子宮の縮小の防止、乳腺の生成、高温期を安定につなげる等々、妊娠している時に本当に大事な女性ホルモンになります。しかしながら、腸の活動さえも食い止めるという機能も存在することから、腸の中の水分バランスの異常を引き起こし、下痢あるいは便秘に結び付いてしまう時もあるようです。

 

【3】食事内容のかたより、または冷え

赤ちゃんが出来るとホルモンバランスの異変によって、従来の状況に比べて体温のコントロールが正しく機能しなくなってしまいます。また、プロゲステロンのホルモンによって、胃腸活動が衰え易い時期という部分もあります。

 

つわりがやってくると必然的に「水分を含んだもの」だったり、喉を通りやすい冷えた食べ物ばっかりを口に入れてしまうなど、食事にかたよりが生じる割合が高いです。ですので腹部が冷えてしまって、腸が締め付けられて下痢をもたらしてしまいます。

 

【4】メンタル面でのストレス

子供を授かるとホルモンバランスの急変に影響されて、自律神経が正常に働かなくなってしまいます。自律神経が整わなくなると、睡眠不足に陥ってしまうなどのメンタル的なストレスが蓄積されがちになり、それゆえに下痢が発症するケースもあるわけです。

 

【5】貧血ケアの薬

貧血の改善として利用される薬「鉄剤」を服用することによって、下痢または便秘が生じたりする事があるんです。鉄剤を服用し始めて下痢を招いた時には、病院でご相談していただきたいです。このように、妊娠のかなり初期に下痢がもたらされる原因はさまざまに見受けられますね。

 

2 妊娠のかなり初期の下痢で流産のリスクはあり得る?

 

妊娠のかなり初期の下痢については、ダイレクトに流産の引き金になる事は無いと考えられています。だけども、前述の下痢の原因のひとつである「食事内容のかたより、あるいは冷え」に関しては気をつけて下さい。冷えのトラブルに関しては、赤ん坊からすれば「居心地の良くない場」といえますから、一定以上流産の可能性が引き起こされてしまうのです。

要するに、妊娠のかなり初期の下痢が直に流産に影響することはありませんが、冷え等といった間接的な影響で赤ん坊に対しての影響は起こる可能性があります。そういう理由からも、「体を冷たくしない事」「バランスの取れた栄養を摂取する事」を心掛けることに注意しましょう。

 

 

3 妊娠のかなり初期の下痢。こういう場合は病院へ行くことが重要!

 

妊娠のかなり初期の下痢について、水様性の強力な下痢が一日のうちにたびたび見受けられたり、継続して繰り返すケースは気をつけないといけません。そのことで負荷が生じて、子宮の縮みがもたらされるケースがあるためです。

 

加えて、そういう様なトラブルになったら、妊娠のかなり初期のちょっとしたトラブルとは違い、ウイルス性腸炎だったり食中毒などを発症している可能性もあります。そうなると、流産してしまう危険性が確実に無いとは断定できませんので、安心感を得るためにも、できるだけ早く産婦人科で診察してもらう方が良いと思います。産婦人科に行きますと、妊娠中であっても服用できる薬を出してくれます。なので、市販で売られている薬を、自分の判断で服用する事はやめるのが得策です。

 

4 キツイ下痢…。妊娠のかなり初期の下痢に対する3つの改善策!

 

4-1 胃腸に負荷を与えない事

 

胃腸の作用が活動的でなくなっているので、胃腸に負荷をかけないことを心がけて食事をいただくことが必須になります。例をあげると…

 

・1回の食事のボリュームをやや少なくして、何度かに分けて口にする。
・消化が良好なもの。吸収されるのが容易な食べ物をいただく。
・しっかり噛んで少しずつ味わう。

 

等々です。ついでながら、しっかり噛んで少しずついただく事は、体重増加にブレーキをかける重要なポイントだったりします。この様に胃腸に負担を伴わない食事のとり方を行うことによって、下痢になりづらい体質を作れます。

 

 

4-2 身体をあったかくする事

 

妊娠している間の冷えは大敵ですので、食事内容とか毎日の暮らしにおいて、体をあったかくする事を意識しましょう。

 

食べ物でしたら…生姜、味噌等の様な体に熱を加える食材を使用したり、出来る限り火の通った食べ物を口にするよう努める。飲料でしたら…冷えたドリンクは避けるようにして、温かい飲み物に変える。毎日の暮らしの面においては…血の循環を良くすることを考えて、腹巻とか靴下などを着用したり、じっくりと浴槽につかる事によって身体をあったかくする等々。身体をあったかくするのは下痢の対処法になりますし、赤ん坊に対しても居心地が良好な環境になるはずです。

 

 

4-3 産婦人科に行って、薬を処方してもらう

 

妊娠のかなり初期の下痢、あるいは下痢と似た痛みがキツい時には、我慢しないで産婦人科に出向いて、薬をいただくのも有効だと言えます。妊娠中であっても服用できる薬を出してくれます。ウェブで検索を行うと、「妊娠している際に使用できる市販薬」なんかが解説されているようですが、あなたのトラブルに合う薬か否かは判断できません。そういう理由からも、お医者さんに無断で市販薬を自身の判断で服用するのは止めることをオススメします。

 

 

ここまで、妊娠のかなり初期のトラブルとしての下痢あるいは下痢と似た腹痛についてのご説明を行いました。お役に立てたのならなによりです。

 

関連記事

当サイトイチオシの妊娠線予防クリーム



⇒公式サイトはコチラ

サイト管理人の紹介



管理人:マユちゃんママ(妊娠線予防ナビゲーター)

妊娠線予防ナビゲーターとして、数々の予防クリームを試してきた結果、あなたにとってベストなクリームをご紹介するためにサイトを立ち上げました!

詳しいプロフィールはこちら
return top