妊娠初期に頭痛薬を飲んでもいい?飲んで良いものと悪いものが!

373c6934daa262a5e9d282a799fb086c_m

 

妊娠初期にはつわりに加えて、ホルモンのバランス状態の異変とか倦怠感・ストレスによって、色んなトラブルが発症します。それらの妊婦さんのトラブルの中で何よりも多くあるのが頭痛だと聞きます。

 

確かにたくさんの女性が頭痛に苦労しているのです。ズキズキと頭すべてに痛みが生じる、吐き気が出てくる、熱が発生する。そうは言っても、簡単に頭痛薬を飲むことができないことが難しい所ですよね。

 

そういう訳でこの記事では、そういったキツイ頭痛によって毎日の生活が送れずにいる方に、寝込んでしまう前に改善策を知ってもらったり、妊娠している間に頭痛薬を服用しても問題ないのか、知名度のあるカロナールとかロキソニンは服用できるか等の薬に関しての理解も深める為の大事な要点をチェックしましたので、どうぞ最後までご覧くださいね。

 

 

 

<1.妊娠中の頭痛薬の胎児に対しての影響は?妊娠初期は要警戒!>

 

e560c83b90620c435f7e7b5dba6db482_m

 

妊娠している間は、ホルモンのバランス状態の異変とか貧血、あるいは高血圧だったりが元で頭痛が生じがちになります。そうでなくても、つわりとか腹部の重さが原因の疲労感によって、体調が不十分に見舞われやすいにもかかわらず、頭痛も生じてしまった場合、薬によって苦痛を無くしたいと感じるのも無理はないと言えます。だけれど、妊娠している間に頭痛薬を服用したら、薬の成分次第では、お腹の赤ん坊に作用して「新生児高血圧症」とか「羊水過少」と言われるものを招く危険性もあります。とりわけ妊娠初期は、赤ん坊の体の器官が形成される重要な時ですから、薬を服用する際には慎重になるように意識して下さい。

 

 

<2.妊娠初期のキツイ頭痛>

 

7d919158c0dabaaf46ed2c20a1feeb7e_m

 

妊娠初期に見受けられる頭痛は、筋肉の緊張状態とか、自律神経の異常により引き起こされる傾向が高く、妊娠が元となるストレスも相当関与しているんです。妊娠初期は赤ん坊の発育、あるいは自らの身体の不調でメンタル的に不確かになりやすいので、頭痛を治す為にも可能な限りストレス解消を行なって、ストレスを溜めこまないことが重要です。

 

 

<3.妊娠初期の頭痛を誘発するのは?>

3bd51795c009cd584ce3a3b063bf344c_m

 

・どれぐらい前から継続する頭痛なのか

妊娠初期の頭痛は、妊娠が明らかになる以前からのものなのか、あるいは身ごもってからいきなり始まったのか等によって、ケアの仕方も異なってきます。医師に話をする時に正しく説明することを意識して、どれぐらい前から頭痛で苦しんでいるのかを振り返ってみた方が賢明です。

 

 

・肩こりが元凶の頭痛

頭痛外来を営んでいる医師が、肩こりが原因の頭痛を伝える患者を診断する際に、まず最初に疑いをかけるのが「片頭痛」であると言われます。肩こりは沢山の人が持つトラブルですから、その事実だけで頭痛を区別する事は当然困難ですが、片頭痛において生じる肩こりは、慢性的なものと比べてちょっと特性が違ってくるそうです。具体的に言うと、頭が痛くなるより先に肩こりがいきなりひどくなる、首とか肩がきつく張ってくるように感じる、頭の後方のほうまで痛さが拡大してくるように思う、といった独特の症状です。こういった症状に該当する人は、片頭痛の確率が高いですから、ひとまず病院で診てもらうことも賢明でしょう。

 

 

・目の疲労が原因の頭痛

疲れ目と言われる言葉は、眼科的に言いますと2タイプに区別されるそうです。さしあたって1つ目は「眼疲労」と言われ、目を休息させるようにすれば治る疲れ目のトラブルです。もう一方は「眼精疲労」と言います。この症状は眼疲労とは異なり状態は重く、休息しても目の痛さとか頭痛が治らないトラブルです。眼精疲労は、頭痛はもとより色々な自覚症状が存在します。パソコンを夜中まで利用したり、目を使い過ぎる仕事をしている妊婦さんは気を付けてください。

 

 

・日常の疲労とかストレスからもたらされる頭痛

妊娠初期は突如とした身体の具合の変化や、赤ん坊を守る事に対するプレッシャー、仕事の事などのストレスが、知らないうちに蓄積される傾向があります。ストレスから起こる頭痛のほとんどは、緊張型頭痛と言われるものなんです。自律神経失調が原因で筋肉が必要以上に堅くなって生じるもので、肩とか首が重くなり、頭に何かが乗っているみたいな感覚を感じるのです。大したことのない状態の間はそれほど支障はありませんけども、慢性的な感じになると、毎日の生活に差し支えることから気を付ける必要があります。

 

 

<4.妊娠超初期の頭痛のトラブル>

 

4d6c910ea9353ad6fd356591651347bb_m

 

・頭痛と一緒に微熱も見られる

妊娠超初期と言うのは、妊娠0週から4週に及ぶまでの期間のことを指します。つわりの始まりも早いケースでは、4週目が経ってからと言われていますから、4週未満ではそんなに自覚症状は感じないでしょう。けれども、超初期の間には、身体が熱を帯びて、だるさを覚える傾向が高くなります。微熱が続いて、その上、頭痛も生じ、重症の方だったら吐き気を覚え、立ち上がれないくらいの痛みを感じる場合もあります。

 

 

・寒気を感じる

発熱が元となる寒気によって、風邪にそっくりの現象を引き起こします。背中がゾクゾクするみたい寒気が起きるといったトラブルは、妊娠超初期ならばそんなには珍しくないと言われています。妊娠超初期のトラブルなので、妊娠していることを知らずに「風邪になったのかな?」と勘違いし、風邪薬を服用したりするケースがあります。妊娠初期の薬は出来るだけ遠慮することが必要なものなので、仮に風邪かな?と考えても、妊娠したんじゃないかという気持ちを持っておくことによって、不必要な薬の服用を防ぐことができます。常日頃より妊娠超初期のトラブルは、風邪の状態に非常に酷似していると意識しておいた方が良いです。

 

 

・眠気を伴う

夜もちゃんと睡眠をとって、睡眠時間をキープしているはずなのに、昼の間、強烈な睡魔を伴うなど、とりあえず寝たくてどうにもならないといったトラブルも、妊娠超初期のトラブルにおいては頻繁に耳にする症状です。

 

 

・吐き気を感じる

妊娠超初期の異常として起こる吐き気は、妊娠初期のつわりが元となる吐き気とは関係なく、基本的に頭痛に関わるものだそうです。吐き気はもとより、胃のむかつきも伴い、唾液とか鼻水の量も多くなった気がするかもしれません。

 

 

・立ちくらみを覚える

妊娠初期はインシュリンの分泌が増すことから、長い間空腹状態が持続すると、血糖値が正常値以下に減って、低血糖状態になり、立ちくらみをもたらす可能性があります。とりわけ多く見られるのは、朝、布団から出て不意に立ち上がった時や、かなりの時間立っている必要のあるお仕事をなさっている妊婦さんだと、勤務中に生じる傾向が高いと聞きます。立ちくらみがしたら、冷静さを失わず、どこか寄りかかれる場所を探すか、しゃがみこんで倒れることを回避しましょう。慌てず立ちくらみが鎮まるのを待って、転倒して頭とかお腹を打つことが無いようにしっかりと意識しましょう。

 

 

・強烈な痛さが変わらない

妊娠したことが原因で増大したプロジェステロンと呼ばれるホルモンが、脳にむくみをもたらすことから、よく厳しい頭痛とか頭が重く感じる状況になってしまうことが見られます。ハードな頭痛がいつまでも変わらないとなると、毎日の生活にも不都合をきたし、出社が出来なくなったり、家の仕事は当然として、動く事さえ困難になってしまうわけです。自己判断で薬を服用するよりも前に、しっかり医師にお話してください。

 

 

・解決法は?

妊婦さんの頭痛の傾向は、妊娠高血圧症候群以外では、多くが片頭痛か筋緊張性頭痛であると言えるでしょう。筋緊張性頭痛は首周辺のストレッチ、あるいはマッサージによって血流を活発にすることが重要です。ネックピローなどを利用してあったかくすることも有効です。肩とか首のコリが元となって頭痛が発症しているケースでは、マッサージとかシンプルなストレッチによってトラブルが無くなるケースがあります。手間なく行なえて、効き目のあるストレッチを1つオススメします。

 

はじめに、息を吐きつつ頭の重さを感じて徐々に首を前に倒していきます。そして、息を吸って頭を起こし、次は後方に徐々に倒してください。ふたたび息を吸いつつ頭を起こして、次は右と左に倒してみてください。

 

この動作を3セット毎、起床時、あるいは入浴した後などに実践しましょう。ストレッチは血の巡りを活発化させる作用があるから、これから先の妊婦としての生活においても継続して損することはありません。これでも回復しない時は、アセトアミノフェン系のお薬を服用すると状態が上向くでしょう。アセトアミノフェンと言われる痛み止めは、いろんな病院において取り扱われている実例が長期にわたってありますので、現時点まで胎児に良くない結果があった状況は報告されていません。

 

さらには、片頭痛は不具合の見られるケースだと、立ったり座ったりを行うのもキツイ状態でしょう。物静かな部屋で横になって、出来る限り部屋を暗くし、出来れば少し眠ることを推奨したいと思います。程よい眠りを通じて、広がった血管を元に戻すと考えられます。しかし、長い時間昼間しすぎるとマイナス効果に変わりますから、一時間程の昼寝だけにしておくことが大切です。

 

 

・頭痛薬は摂取可能?

妊娠中の場合でも、摂取することができる頭痛薬は存在します。苦痛を我慢するより、頭痛薬を服用し活発に毎日の生活を送れた方が、ストレスはどう考えても少なくなります。妊婦さんも摂取可能なオーソドックスなお薬が、前述のアセトアミノフェンなんですが、成分はあまり変わらない痛み止めであるアスピリンは、胎児に悪影響が出るみたいですから、気楽な気持ちで一般的な薬を服用するのは絶対にやめておきましょう。けれどもそんなに問題ないといっても、妊娠している間の長期に及ぶ摂取とか長期にわたっての大量の服用は、お母さんに悪い影響を与えることもあります。産婦人科であればちゃんとお母さんにも、赤ん坊にも刺激を与えない頭痛薬を出してもらえるので、何をしても苦痛で我慢できない時は、医師に相談するようにしましょう

 

 

<5.頭痛と吐き気がひどい>

 

5742c1e5bf428e8a594d81dc949874cb_m

 

・吐き気と同時に寒気がしてしまう

頭痛と吐き気が一緒になって、加えて寒気までもすれば、いよいよ為す術がないようになってしまうかもしれませんね。頭痛と同時に嘔吐してしまうことも片頭痛の特有のトラブルと言えますから、仮に胃にムカムカ感を覚えたり、発作が現れて体全体が寒さによって震えるくらいのケースになったら、横になって体を温かくして休養する事が最優先です。パソコン等のような明かりもかなり影響しますから、せっかくベッドの中で横になっているにもかかわらず、スマホを見るとかしてはダメです。瞳を閉じて、少しの間静かにしておいてください。

 

 

・吐き気と一緒に腹をくだす

片頭痛を持つ妊婦さんで、頭痛と一緒にもたらされる鮮烈な下痢のトラブルに苦労している人は少なくありません。片頭痛をもたらす発端になるものの中に、音とかニオイがあげられます。吐き気は臭いにも触発されてしまうケースがありますし、下痢も片頭痛になりやすい食品の消化不良が原因となってもたらされるとも言えそうです。注意しなければならない食品は、赤ワイン、チーズ、チョコレート、そしてアイスクリーム等があります。こういった食品が頭痛の元凶である時には、出来るかぎり控えることをオススメします。

 

 

・吐き気と一緒に腹痛が見られる

妊娠初期の頭痛は、赤ん坊に関してさほど不安を抱く必要はないと考えられますが、吐き気と一緒に腹痛が見られるケースになると気をつける必要があります。出血とかお腹の痛さに見舞われて、流産するかもしれない状況を「切迫流産」と呼んでいます。切迫流産の一番のトラブルは、出血と下腹部痛になります。妊娠の極めて初期の切迫流産は、薬を用いたケアをすることが難しいことから、まずは休養する事がベストになります。流産の中でとりわけ多くあるのが初期の流産で、おおよそ7分の1の比率で発生すると言われています。あなたが考えている以上に、とても高い数値のデータだと思いませんか?この原因の大部分が、たまたま起こってしまう染色体のトラブルですから、妨げようが無いんですが、症状という形で腹痛があげられますので、頭痛と一緒に腹痛が見られるとすれば、早急に診察をする必要があります。

 

 

・吐き気が止まらなければ病院へ

頭痛が原因の吐き気も、つわりの発生と同時にどんどん悪化する確率が高いです。吐き気、嘔吐はもとより、よだれがたくさん出てしまうというトラブルも現れはじめたら、それはつわりのスタートと捉えて問題ないでしょう。吐き気が凄すぎて少しも喉を通らず、お腹が空いている時にとりわけ吐き気が悪化するという妊婦さんもいるようです。頭痛は妊娠の超初期を越えてしまうと、段々と治る場合が大部分ですが、吐き気がどうしても無くならないでキツイというケースは、ひとまず医者に診察して貰うと良いかもしれません。

 

<6.キツイ頭痛の解決策は?>

 

c18e9e04a251181dd04ed490eeddc9d0_m

 

・体をあったかくする

頭痛を楽にすることを目的に、首周辺とか肩をあったかくする事は、筋緊張型頭痛においては非常に効果を発揮します。けれども、お湯の温度が熱すぎたり、湯船から上がった後にすぐに気温の低い所へ移動したりしたら、その温度のギャップによって逆に頭痛を促してしまうかもしれませんので、それほどカラダに対するストレスにならない温度であったかくすることが重要となります。

 

 

・明るくない部屋で休養をとる

頭痛の中においてもとりわけ片頭痛に関しては、音、光、そしてニオイ等のストレスが一段と苦しい頭痛をもたらしてしまうようです。片頭痛の始まりは、目に見える範囲にギザギザした感じが見えたり、たちまち眼がチカチカし始めたりといった予兆が見られるケースが少なくありません。そういった前兆を認識したなら、すぐさまテレビとかパソコン等の脳に対するストレスが発生するようなものから遠ざかり、出来る限り明るくない部屋でゆったりと休むことが賢明でしょう。

 

 

・ストレスを蓄積しないように努力する

ストレスも頭痛のかなりの元凶となっていると言っていいでしょう。片頭痛の発作をもたらしているものはできる限り敬遠して生活を送ることが、片頭痛防止の為の一番効果的な手段な訳ですが、毎日の生活においての頭痛の原因という形でダントツに多いのがストレスでしょう。妊娠超初期から初期にわたっては、妊婦さんがとりわけ心配になりがちなタイミングといえます。ぎこちない妊婦としての生活の開始はもとより、一気に急変する身体の具合に、赤ん坊がきちんと生育しているだろうかといった心配。それだけでなく一人一人、懸念を挙げたら限りがないと思います。そうした懸念は言うまでも無くストレスに変わりますので、頭痛によって苦しむ妊婦さんは、なによりこういった心配を取り去る事を意識してもらいたいです。気晴らしに家の外へ出かける、友人と喋る、そういったシンプルなことによってやる気が出たりします。ストレスはずっと、妊娠中期に変わっても後期に変わってもあってはいけないものです。とにかく意識的に出産の日を自然に迎えられることを意識して、ストレスを蓄積しない日々の生活を送っていただきたいと思います。

 

 

・マッサージとかストレッチを行う

頭痛が肩こり、あるいは首のコリによって発症しているケースは、マッサージとかストレッチもかなり効果を発揮します。とりわけ妊娠初期はホルモンが作用して、肩こりとか首こりが悪化しがちで、頭痛を発症するとそう簡単には治らないのです。肩こりとか首のこりに効果的であるシンプルなストレッチは先ほどご紹介しましたので、そのやり方を参考にしていただきたいと思います。

 

 

<7.妊娠している際に服用してはダメな頭痛薬と服用できる頭痛薬は?>

 

33ab19e6a1407d3920fe5a914f260280_m

 

妊娠している間は、販売されている頭痛薬であっても服用できる薬はあります。けれども成分によっては赤ん坊に支障が出る薬がありますから、自身の判断だけで服用する事は避けましょう。以下に「服用してはダメな頭痛薬」と「服用してもいい頭痛薬」を紹介しますので、ご覧下さい。

 

 

・妊娠している間は回避したい頭痛薬

妊娠初期(1~15週)は、「アスピリン」が入った頭痛薬を服用したら、奇形児が産まれる危険性を上昇させてしまうようです。市販薬の中においては「バファリンA」「バファリン顆粒」「ケロリン」等にアスピリンが入っているからお気をつけください。「イブプロフェン」を主要な成分としている「イブ」「バファリンルナ」等は服用しても問題ないとするという見方ができますが、製造元側では「妊娠している間の摂取は服用しないほうが安全」と記していて、「出産の予定される日12週以内(妊娠およそ28週過ぎ)は控えて下さい」と表記されていることから、摂取を止めた方が安心でしょう。さらに、頭痛とか痛み止めによって認知されている「ロキソニン」は、妊娠している間の摂取について安全性の確定が行われていないので、摂取するより先にお医者さんに確認したほうが良いでしょう。しかし、出産の予定される日の12週前、要するに妊娠8ヶ月過ぎてからの妊娠後期においては服用しないようにと表記されています。薬局で販売されているから妊娠する以前は常に飲んでいた人もいるでしょうが、妊娠に気付いた段階で自分の判断によって摂取する事は遠慮しましょう。

 

 

・妊娠している間に服用しても可能な頭痛薬

痛み止め成分の「アセトアメノフェン」だったら相対的に作用が弱いことから、妊婦さんが摂取しても構わないと考えられています。アセトアミノフェンを主な成分としている市販薬に関しては「ノーシン」「タイレノール」等があって、妊婦さんであっても摂取可能です。ですが、服用しても大丈夫だからということで簡単に摂取してはダメです。使用方法・用いる量を厳守して、長きにわたり継続して服用しない事が条件となります。しょっちゅう頭痛が見られるときは、市販薬の世話にならず、産婦人科において安心できる薬を出してもらって、お医者さんの言われる通りに摂取することが大事です。とりわけ赤ん坊の体が作られていない状態の妊娠初期は、前述した薬を服用するケースでもしっかり前もって医師に相談してください。さらに、妊娠するよりも前に出された頭痛薬がお家に残されていようとも、妊婦さんが服用してはダメな成分が加えられている事もあるかと思いますので摂取しないで頂きたいですね。

 

 

①カロナール

効き目の緩やかな、妊娠している間に頻繁に出されるアセトアミノフェン系統の解熱鎮痛薬になります。「アセトアミノフェン」を主な成分の一つとしていて、妊娠している間にも問題なく使用できる薬と見なされて選ばれてきました。小さな子や赤ん坊の解熱として用いられます。けれどもここ数年、妊娠後期にカロナールを口にすると、お腹の赤ん坊の動脈管が小さくなり、「新生児遷延性肺高血圧症」がもたらされるという調査結果が公表されたのです。残りの頭痛薬と対比すると大丈夫だと思われますが、100パーセントではないと言えますので、お医者さんに処方してもらったからといって、薬に依存しすぎる事は止めておいたほうが良いでしょう。

 

②ノーシンピュア

イブプロフェンが含まれているお薬で、出産の予定日である12週までの妊婦の摂取は禁止されています。お医者さんに相談してからの摂取を推奨します。

 

③イブクイック

鎮痛成分であるイブプロフェンに酸化マグネシウムを合わせたオリジナルな処方のお薬です。お医者さんに相談してからの摂取を推奨します。

 

 

④ナロンエース

イブプロフェンとエテンザミドの二つのブロック処方と記されていてます。服用する前に医師に相談してください。

 

 

⑤ノーシン

ノーシンの効果的な成分はアセトアミノフェン、エテンザミド、カフェインの3つを有効に混ぜ合わせてあるみたいです。これも口に入れる前にお医者さんに問い合わせてみて下さい。

 

 

・頭痛薬を服用した際の影響は

身ごもってから1回や2回薬を服用したからといって、(薬のタイプやボリュームにも影響されますが)赤ん坊が病にかかったりといったリスクはめったにないと思われます。けれども、出産に至る迄の280日の期間、「妊娠を気付かないままに薬を服用してしまった」「一般的な頭痛薬を服用してしまった」と不必要な不安をしないでも構わないように、妊娠の可能性がわずかでもあるならば、余計な薬は服用しない事が不可欠です。だからと言って、すでに服用してしまった薬の事をやたらに気にかけ、ストレスを溜めこまない事も重要です。

 

 

<8.妊娠初期に服用する頭痛薬は流産のリスクが?>

 

56e91db54b521dc654060ed09492f7c0_m

 

・自分だけでの判断は高いリスクが

妊娠初期の頭痛は、我慢できないものがあるわけですが、おウチで目にした頭痛薬を気楽な気持ちで服用すると言うのは敬遠した方がベターです。とりわけ妊娠4週目から7週目にかけての超初期は胎児の奇形について、一番リスキーな時期だと考えられます。胎児の主だった器官が、次々と生成されていくとても貴重な時期である為です。妊娠している間の薬の飲用は、例外なくいつも通っている産婦人科にお話し、状態をしっかりと伝えた上でお薬を出してもらってください。

 

 

・耐えられない頭痛は病院へ

妊娠初期はまだお勤めをしている妊婦さんも少なくないでしょう。片頭痛であったり、妊娠が元となる頭痛は、勤務にもたくさんの悪影響を引き起こすと考えられます。なので、悪化する迄に産婦人科でお話し、心底苦痛で辛抱ならない時に素早く薬を服用できるように、心の支えとして薬を手にしているだけであっても安心感が違います。できるだけ正確な状態を医師に報告して、正しい指導を仰いだほうが良いでしょう。

 

 

<9.妊娠している間の頭痛は薬ではなく健康管理で克服!>

 

ebbf820d0d8d270e42a46be9fae08267_m

 

頭痛はキツイものなので、どうにもならない時に役に立つように、妊娠している間の薬の選択を把握しておく事は本当に大切だと思います。頭痛については、ストレスとか疲労を原因とするものも見られるので、まず第一にしっかり睡眠を取って、体調を維持することを行い、無茶のない範囲内で運動して、頭痛の克服を目指したいものです。それでも頭痛が回復しないケースであれば、お医者さんの指導に従って、薬を用いるようにして頂きたいと思います。これらの内容を踏まえて、頭痛に対抗できる、健全なマタニティライフを送ってくださいね。

 

 

関連記事

当サイトイチオシの妊娠線予防クリーム



⇒公式サイトはコチラ

サイト管理人の紹介



管理人:マユちゃんママ(妊娠線予防ナビゲーター)

妊娠線予防ナビゲーターとして、数々の予防クリームを試してきた結果、あなたにとってベストなクリームをご紹介するためにサイトを立ち上げました!

詳しいプロフィールはこちら
return top