妊娠のお腹の張りはだいたいいつから始まるの?

8b0fa4d239b88e0100e80992aa16584f_m

 

妊娠のかなり早い時期は様々なトラブルが生じます。そのトラブルの一つとして、お腹の張りを実感する方もいるでしょう。妊娠のかなり初期段階のお腹の張りとか痛さには、どんな特徴があるのかどうか心配だと思います。

 

今回は、妊娠のかなり初期段階のお腹の張りの傾向、またはその要因に関しての解説を行います。さらに、用心が必要なお腹の張りに関しても解説するので、そちらの方も押さえていただくことをオススメします。

 

ベルタマザークリーム

 

<1.妊娠のかなり初期段階のお腹の張りが現れるタイミングはいつから?>

cc8d00f4f0f6da93d2b2bb0e91f5bdfd_m

 

妊娠しているか否かまだ把握していない状況で、「ちょっとお腹が張ってるんじゃないか」とお考えの方もいると思われます。「考えたら生理が遅くなっている」と考えている方のうち、お腹の張りも覚える方は、妊娠しているケースもあります。こういった、妊娠のかなり初期段階においてのお腹の張りには何か傾向があるのか、そしてこういう時期にお腹が張っても問題無いのか不安だと思います。今回の記事に関しては、妊娠のかなり初期段階のお腹の張りに関して解説させていただきます。

 

 

妊娠周期の数える方法をチェック!

思っている以上に、妊娠周期の数える方法はややこしいですよね。妊娠する以前の最後の生理がスタートした日を、妊娠の0週0日とカウントします。排卵は、生理がスタートしてから2週間経ったくらいを目途に生じます。妊娠周期として言えば、そのタイミングで妊娠2週目というわけです。この時点で受精が完了すると、受精卵は子宮の方に動いていくのです。それ以降、妊娠3週目くらい迄に受精卵が着床して、ついに妊娠したと言っていいでしょう。妊娠4週目になると通常だったら訪れるべき生理が無いことから「ひょっとして…」と感じる人も見受けられます。妊娠5週目になってくると、妊娠チェック薬も反応して、診察を受けると胎嚢だったり心音を確認できることが可能になるでしょう。

 

 

妊娠のかなり初期段階のお腹の張りは妊娠何週ほどで発生するの?

妊娠のかなり初期の状態については、最後の生理がスタートしてから、妊娠が明らかになる迄の妊娠0週から4週目にわたるシーズンに該当します。受精卵が着床を行なう妊娠3週目くらいから、肉体的な異変に気がつく妊婦さんもいらっしゃいます。たくさんある肉体的な異変の中の一つが「お腹の張り」となります。それぞれ人によって実感の仕方の異なるところはありますが、生理の前のお腹の張りとあまり変わらないことから「生理が間近なせいかな?」と誤解する場合もあります。

 

 

<2.妊娠のかなり初期段階のお腹の張りの要因は?おならがよく出るのは本当?>

b13a9fc71622f3856db3cde3f33f165f_m

 

妊娠のかなり初期段階の女性の肉体的な異変については、各々で背景や原因が違ってきます。それでは、どうして妊娠のかなり最初の頃にお腹が張るケースがあるのでしょう。

 

 

妊娠のかなり初期の内にお腹が張る原因については?

妊娠のかなり最初の頃に子宮またはその付近が、胎児を発育させる為の支度を開始します。それら肉体的な異変が原因のものに限らず、疲労とかストレス、冷えだったりが理由で、お腹が張る可能性もありますが、妊娠のかなり初期段階のお腹の張りの背景にあるのは、ほとんど以下の2つとなります。

 

 

子宮の拡大

受精卵が着床しますと、ホルモンの異変によって子宮が拡大を始めたり子宮までの血液の循環の分量が増えたりするのです。そういう理由で、お腹の中から押される感じでお腹が張ってるんじゃないかと自覚する人もいます。さらに、子宮の筋肉が膨らんでいく過程でチクチクする痛みに見舞われる方もいるようです。

 

 

便秘気味になりがちな為

妊娠した後は、自律神経のバランス状態の異常とか、子宮の膨張が原因による腸の圧迫だったりから、便秘気味になる人が多くなります。便秘に見舞われると、お腹の張りを覚えるのみならず、腸の中にたまった便が発酵して、ガスもたくさん生まれます。そういうことから、従来よりもおならがたくさん出てしまうのです。

 

 

妊娠の初期段階でおならが生じやすくなる要因

前の文章でも記しましたが、妊娠のかなり最初の状態であるとか、妊娠の最初の頃にはおならがたくさん出ることになります。やむを得ないとは言えども、その原因が気掛かりな人も多いかと思われます。それではここから、妊娠のかなり初期段階の妊婦さんがおならが発生する要因を解説したいと思います。

 

 

・ホルモン(黄体ホルモン)の分泌する量の急増

女性の体内では、妊娠した際に黄体ホルモンの分泌量が多くなってきます。黄体ホルモンは、受精卵を保護する働きで子宮内の状態を改善させる力を発揮します。けれどもそれと合わせて、腸の活動を鈍化させてしまうのです。そういう理由で、腸の中に便がたまりがちになって、腸の中のガスが多くなって、おならも多くなるわけです。

 

 

・腸の中の水分の欠如

おならは何かと言ったらガスです。要するに気体ですけど、腸の中においては水分に溶け込んでいるのです。そういう理由から、腸の中の水分が不十分になると、水分の中に溶け込んでいたおならの成分がガスに変化して、おならが多くなるという訳です。妊娠している間の女性の体は、子宮の中に水分を貯めようとすることから、必然的に腸の中の水分が子宮にとられてしまうのです。そんな理由から、水分が足りない状況となった腸の中では、今までと比べてガスが生じてしまうわけです。

 

 

・妊娠が原因による骨盤のゆがみ

驚くことに妊娠が元となる骨盤のゆがみも、おならが増えてしまう要因になります。骨盤の形が変わってしまうことにより、腸が押し付けられて活動も活発ではなくなってしまうのです。そういう理由で、便秘気味になって、おならが多くなってしまうようです。

 

 

おならは無理をしても大丈夫なの?

おならは我慢することなく出すことを意識しましょう。おならをガマンしてしまったら、腸の中にガスが蓄積して腹痛をひき起こしたり、腸の調子が悪くなって便秘の深刻化に結びつきます。重い状況になると、肝機能のトラブルを発症させてしまう事も。

 

 

だけども、おならは照れくさい!おならを軽減する改善策

妊娠のかなり早い時期におならが多くなってしまうのは、恥ずかしいことではありません。だけども、女の人にとっておならはどうしても照れくさいと思いますよね。可能なら、おならの頻度を少なくしたいと考えるのが普通です。そういう訳で、ここからはおならの頻度を減少させる為の改善策をご提案します。

 

 

・ココアをいただく

ココアの中には腸の中のガスの発生を少なくする効き目のあるリグニンが入っています。リグニンは腸の中の環境を良くする活動もしてくれるので、便秘の傾向がある方にもちょうどいいと思います。ココアの中にはカフェインが入っているため、「妊娠している間に摂取する事は不安」と考える人もいると推測されますが、1日当たり1杯くらいだったら妊婦さんが口にしても問題ありません。

 

・食習慣を改善させる

食事する際は出来る限り少しずつしっかり噛んでいただくことを意識しましょう。慌ただしく食べてしまうと、食事と共に体内に入る空気の分量も多くなってしまって、それが理由で、おならも多くなってしまうのです。さらに、晩ご飯は寝る前の2時間前には食べることを意識しましょう。そうすることにより、消化も促進されるようになるでしょう。食物繊維がたくさん入っている食品を食べる食生活を意識する事も不可欠です。

 

 

・ストレスを少なくする

ストレスが見られると、腸の機能が悪化して腸の中の状況も悪くなります。そういうことから、ガスがたくさん放出されてしまい、おならの頻度も多くなってしまうわけです。ストレスを抱えないで毎日の生活を過ごすのは困難だとは言えますが、ストレスを解消する時間を持つことを目標にする等、あなたなりのアプローチで速やかにストレスを克服することを目指しましょう。

 

ベルタ妊娠線クリーム

 

<3.妊娠のかなり初期段階のお腹の張りとはどういった痛さ?>

fef1d8b97ca1b27326cbcc66bcbcb10f_m

 

妊娠した場合、お腹の張りとか違和感は、子供が誕生する間まで無くなりません。そして、そういった違和感を断然激しく自覚するのは妊娠の初期段階となります。妊娠週数に関係して、違和感の種類に違いが出ます。言うまでもなく、個人ごとに自覚の仕方とか強弱は異なりますので、それぞれの傾向を解説していきます。

 

妊娠のかなり初期段階(~妊娠4週目)

妊娠のかなり初期の内には、着床に応じて生理予定日の1週間ぐらい以前から、お腹に張りだったり痛みがもたらされる方がいらっしゃいます。生理痛と同じ様な痛さであると実感する方もいるとのことです。ほとんどの方は、痛さの性質を次に挙げるように感じています。

 

・下腹部のチクチクした感じの痛さ
・子宮の周辺がこそばゆいような感触
・下腹部のつるみたいな痛さ
・下腹部の鈍い痛さ

 

 

妊娠初期段階(妊娠5週目から妊娠16週目くらい)

子宮が膨らむに伴って、妊娠最初の頃にはお腹の痛さも自覚するようになります。拡大していく子宮が周りの内臓を押しつけたり、子宮を補助する靭帯が伸びることによって、以下のような痛さとか違和感が見受けられます。

 

・生理痛と同じ様な下腹部の痛み
・突っ張る感じの不快感
・チクっとした痛さ
・脚の付け根周辺がつる傾向

 

 

<4.妊娠のかなり初期の内に要注意なお腹の張り>

634fb35879c0f29e05a11af528dcd83b_m

 

妊娠のかなり初期の内に自覚するお腹の張りだったり痛さは、肉体的な異変によって生じる現象だからとりわけ不安はありません。張りだったり痛さを自覚したら、体を楽な状態にするようにして休養をとることを意識しましょう。けれども、しばしの間休みを取っても治まらないケースや、子宮の縮みが原因のお腹の張りについては気をつけて下さい。

 

 

子宮の縮みで生じるお腹の張りについては?

子宮が縮むことによってお腹が張っているならば、流産の確率も高いです。痛さの性質やお腹の硬さ、あるいは回数等を意識し、異常だと思った時点で、早急に医師に受診してもらうように心がけてください。

 

 

・痛さの性質

お腹全体じゃなく、子宮の周辺が硬直し、生理痛と同じ様にギューっと締め付けられる感じの痛さが見受けられます。

 

・痛みが生じるサイクル

痛さのサイクルにはパターンが見られるケースが大半です。10分間隔、あるいは5分間隔などとあたかも陣痛みたいに痛さが継続するならば、すぐさま病院で診察を受けた方が良いでしょう。

 

・痛さを自覚した場合の対処法

痛さを自覚したらためらいなく休息することを意識しましょう。睡眠が取れるならば、横たわって睡眠をとってください。横たわっていても、5分を超えて痛さとかお腹の張りが変わらないのであれば、すぐさま病院に向かうことに注意しましょう。

 

 

子宮の縮みの他に心がけるべきお腹の張り

子宮の縮みが原因のお腹の張りとか痛さに限らず、以下のようなケースでは気をつける必要があります。

 

・便がちゃんと出ているけれどお腹が張っている
・下腹部の痛みが生じるお腹の張り
・お腹の張りとか痛さ以外に出血も見られる

 

こういったケースでは、ポリープとか子宮膣部びらん、あるいは流産等といったリスクが存在します。トラブルに気付いたら、出来る限り迅速に婦人科で診てもらうことを意識しましょう。

 

 

<5.お腹の張りが心配なら診察を受けるべき>

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_m

 

妊娠のかなり初期段階のお腹の張りとか痛さは、生理痛と比べての区別がつきづらく感づかない方もたくさんいて、さらにそれだけでは見極めづらいのが普通です。お腹の張りとか痛さが生じて「ひょっとして妊娠かも知れない」と自覚した際には、以下の様な妊娠のかなり初期の内に起こるトラブルが見られないかも検証することが必要でしょう。

 

・風邪に似た病状(微熱、あるいは寒気等)
・疲労感、あるいは眠気
・おりものの分量が多くなる
・バストの張り
・基礎体温の異変(高温期が止まらない)

 

そして、お腹の張りだったり痛さなどにおいて不安な事があるなら自分で判断しないで、迅速に診察して貰うことに注意しましょう。

 

 

ベルタ妊娠線クリーム

関連記事

当サイトイチオシの妊娠線予防クリーム



⇒公式サイトはコチラ

サイト管理人の紹介



管理人:マユちゃんママ(妊娠線予防ナビゲーター)

妊娠線予防ナビゲーターとして、数々の予防クリームを試してきた結果、あなたにとってベストなクリームをご紹介するためにサイトを立ち上げました!

詳しいプロフィールはこちら
return top