マタニティラインを絶対予防したい!できたら治らないんでしょ泣?

今回はマタニティラインが発生しないことを願うあなたに対して、最低限度に止めることを目指しての予防法をご案内しますね。

b91f66da11c8fed1b953598a68bd3b22_m

 

 

<ゆっくりと体重を増やすこと!>

 

463c82e681d1a23fc62dc63827f5a1fb_m

 

近頃では産婦人科あたりでも、ウエイトコントロールをシビアに言ってくる所が強くなったなと感じています。

 

 

太りすぎると、妊娠高血圧症候群とか妊娠糖尿病が引き起こされる危険性が上昇することが原因だと思われます。

 

また、激しいウエイト増加は、マタニティラインの危険性も上げてしまいがちです。ですので体重は、ちょっとずつじわじわと増やしていく感じに管理しましょう。

 

 

12キロを上まわるウエイト増加で、マタニティラインができる危険性が高くなりますからご用心を!

 

 

 

<ほどよい運動で体重が増えにくい身体作り!>

 

road-749528_1280

 

妊娠している間のウエイト増加は、筋肉に比べて皮下脂肪ができやすい訳ですが、皮下脂肪は伸びづらいので、マタニティラインを生み出し易いです。

 

 

ウエイトコントロールも兼ねて「ほどよい運動」をすることで、体重が増加しづらいボディーを築きましょう。

 

 

妊娠している間に行なえる体作りはたくさんあるけれど、安産を望むなら散歩がベスト。散歩だったら手間を掛けずに可能ですし、カラダに対する負荷もあまりなくて常日頃より継続できると思います。

 

 

散歩には、ウエイトコントロールに限らずさまざまな魅力が存在します。腰痛・肩こり・便秘・むくみ等といったアクシデント克服においても助けになりますし、やり続けることを通して持久力も向上します。

 

そうして基礎体力をつけておいたら、出産を耐え抜くパワーも持てますし、子供を産んだ後のカラダの回復もアップするし、スタミナ勝負の子供の世話においても助けになると思います!

 

 

こういった風に利点がとても豊富な散歩を、どうぞあなたの妊娠生活に取り取り込んで欲しいと思いますね。

 

 

<最優先!うるおい対策のお手入れをしっかりやる事!>

 

0bcba2749e8fed8c4e301d39dc428e62_s

 

マタニティライン予防に良いのは、皮膚に保湿を供給し、ソフトな状態にキープすることが必要不可欠になります。

 

 

カサつきをすることがないようにクリームとかオイル等を塗り、念入りに揉んで、皮膚を柔らかくすることをおすすめします。

 

 

クリームとかオイルは、マタニティラインのケアを専門にしたアイテムがイチ押し。

 

 

通常のクリームとかオイル以上にうるおい持続パワーが高くて、伸びも秀逸で、妊娠している間のビッグサイズのお腹に付け易いという特性もあります。

 

 

そんなうるおいパワーの非常に高いクリームがあるので、ご興味のある方はご覧ください。

 

 

マタニティラインは脂肪が付きがちなポイントに出現しますから、腹部のみならず、胸・ワキ・二の腕・太もも・ヒップ・股等も集中して対処することをおすすめします。

 

 

 

<妊娠初期段階からうるおい対策をスタートする事!>

 

d75e213a7f4d8616ea833382eb331a71_m

 

マタニティライン予防において、うるおい対策ケアはどれぐらい前からスタートした方がいいかについては、お腹が広がってきちゃう妊娠5か月目ほどからという意見をよく耳にします。

 

 

ですが私は、まったくお腹に目がいかないくらい大きくなっていない段階からすでに取り掛かっていくことがベストだと思います。

 

マタニティラインが発生しづらいお肌とされるのは、水分を持っていて、ソフトでハリのあるお肌だと思います。

 

 

短時間でそういうお肌の状態にするのは少し困難ですが、皮膚を理想的な状態にしておくと、一気に体重が増加してしまった時であろうともマタニティラインが発生しづらくなると言えます。

 

 

とりわけ多胎妊娠の妊婦さんは、腹部が広がりやすいから、5ヶ月目以前にスタートした方がいいと思います。

 

 

これ以外に

・経産婦の方

・カサカサ肌の方

・高齢出産の方

・元来小柄な方

・最初から線が細い方

 

 

だったりも、妊娠スタート時期から素早く、クリームとかオイルを使用したうるおい対策ケアをスタートさせるほうが良いでしょう。とりわけ寒い季節はカサつきがちだから、一段と気をつけたいですね。

 

 

 

<常日頃よりうるおい対策をする事!>

 

cream-194126_1280

 

うるおい対策ケアを習慣づける事も、マタニティライン予防においては必須。クリームとかオイルをたっぷり付けてマッサージしていきましょう。

 

 

しかし、常にうるおい対策ケアをするとなると、心配なポイントとされるのがコストの問題です。それなりに高価な商品であれば、利用するボリュームを躊躇しちゃうから推奨できません。

 

 

マタニティラインケアに特化したクリームとかオイルは今はバラエティに富んだタイプがあって、リーズナブルな料金のアイテムも存在します。

 

 

常日頃、ボリュームをケチらずに利用できるアイテムを選択すると間違いないでしょう。

 

 

 

 

<お風呂では浴槽に浸かって温まる事!>

 

3b942760a1933c6b0119491a6e572f90_m

 

お風呂はシャワーだけでなく、浴槽につかって温まることを意識しましょう。お肌の血の流れも向上しますし、うるおい対策に優れた入浴剤を投入すると、一石二烏と思います。

 

 

湯船でお肌の血の巡りが良くなり、皮膚に潤いが豊富に供給された後に、クリームとかオイルを使ってうるおい対策ケアしていけば、ますます効果が期待できるでしょう。

 

 

 

<マタニティラインが出来たとしても続ける事!>

 

169ac5aea2e0b653a94298f28572df4c_m

 

マタニティラインのお手入れを徹底的に行っていたとしても、それにも関わらずマタニティラインが発生する事はよくあります。

 

 

こういったとき、ションボリして、それまで続けていたお手入れをストップしたくなる可能性がありますけど、マタニティラインのレベルを最小にしたいなら、うるおい対策ケアをやり続けることが重要です。

 

 

いったん生まれたマタニティラインが、全てそのまんま姿が見えなくなるのは困難ですが、年月の経過につれ、人目に付かなくなるでしょう。

 

 

子供を産んだ後もうるおい対策ケアをやり続けるように注意すれば、輪をかけて早い内にマタニティラインを薄くする事は不可能ではないです。

 

 

 

<腹帯とかガードルを使ってお肌を防御する事!>

angeliebe_24072

お腹が広がってきたら、腹帯とかマタニティ向けガードルを使って適度に腹部をサポートするように心掛ければ、お肌が伸びすぎる事をストップする事が可能です。

 

 

お肌に向けての負荷が減少するから、マタニティラインの予防につながる可能性も高いです。

 

 

以上、マタニティラインの防止法を8原則としてお伝えしました。基本にあるのは・・・

 

・突如としたウエイト上昇を防ぎ、ジワジワと少しずつウエイトをアップする事。

 

・マタニティラインケアに特化したオイル・クリームを使ってうるおい対策ケアをみっちりやる事。

 

 

だと言えますね。マタニティライン予防を意識して、どうぞ毎日取り組んでいただきたいと思います!

 

primoレビュー8の出力したやつ

 

d17d1ffb21506fcc79b12716ebd0835c_m

 

あなたの妊娠線、肉割れ等の肌トラブルを改善してあげたい!

 

primoレビュー9の出力したやつ

 

2776f1a17baf11ef39616cf935c138f7_m

 

やっと会えたね!ここまで劇的に妊娠線、肉割れを改善できるなんて!

 

primoレビュー10の出力したやつ

 

80021b712cca079231065a38f2fb95da_m

 

肉割れはなってからじゃ治せない?効果がある予防法は何?

 

関連記事

当サイトイチオシの妊娠線予防クリーム



⇒公式サイトはコチラ

サイト管理人の紹介



管理人:マユちゃんママ(妊娠線予防ナビゲーター)

妊娠線予防ナビゲーターとして、数々の予防クリームを試してきた結果、あなたにとってベストなクリームをご紹介するためにサイトを立ち上げました!

詳しいプロフィールはこちら
return top