イヤ~乾燥肌で粉が全身にふいちゃってる(泣)カサカサ肌の対策は?

1ec2302cac84c5bc02ca254fe3da3821_m

 

乾燥肌?神経質な肌?粉ふき、カサカサが抑えられない!

 

 

あなたは乾燥肌でお悩みですよね?実は入浴の仕方一つで大きく改善する可能性があります!

 

 

寒い季節には、肌はカサつくもの」と話す方をよく耳にします。なるほど、寒くなると共に湿度が衰えて、皮膚からも潤い成分が持って行かれてしまいます。

 

 

しかしなんと、沢山の人が自覚している体全体の痒みやカサつき、粉ふきは、湿度の高低ばかりが元凶じゃないんです。

 

 

そして、あなたは自分の肌がカサカサであったり、神経質な肌と認識して「今の季節のカサつきは諦めるほかない」と感じているかもしれませんが、実際は異なる要因が肌をカサつかせているケースが極めて多いワケです。

 

 

「長い時間のお風呂」が肌のカサつきに拍車を掛ける!?

 

a7c80c663130ef994fc1839fead0bb50_m

 

寒さ予防とかストレス解消等々の効果を期待して、「バス美容であったり、「長期間ノンビリと入る」というようなやり方が頻繁に取り上げられていると思われます。

 

 

 

実際に、湯船にどんな感じで入るのかをいろんな方に尋ねてみたところ、「風呂に浸かりつつケータイを見る」であったり、「湯船に浸かりつつ本を読む」「映画とかTV番組を観つつ1時間を超えて浸かる」と言われる方もいました。

 

 

入浴においては、血の巡りを良好にして、代謝サイクルをアップさせるといったベターなポイントが存在することも本当のところです。

 

 

 

ですがそれとは逆に、必要以上に浴槽につかることは、肌においては深刻なストレスに及んでしまう可能性があるんです。

 

 

 

肌に求められる皮脂であったり体の中に存在している、うるおいを持続させる因子が、長湯をしている際に流れ出てしまうことになりやすいのです。

 

 

 

それに加えて、身体をあったかくすると、皮膚は痒みを感じがちになってしまうから、入浴によってうるおい持続力が弱くなった皮膚は一層かゆみをもたらし易くなり出すこととなります。

 

 

皮膚の衰えの拡大にブレーキを掛ける入浴法を心掛けて!

 

87d9d9baed9537088590e89e91a952b4_m

 

肌の保湿においてすごく影響を及ぼす皮脂の容量は、加齢によって少なくなります。

 

 

絶えず肌がカサつく状況でいるうちに、皮脂のボリュームは低下したままでいるから、皮膚は太く固まって、シワも蓄積されてしまいます!

 

 

肌のカサつきが慢性的な状態になることがないよう、肌にストレスを与えない入浴法に改善することが重要なわけであります。

 

 

カサつきから皮膚を保護する入浴法の重要事項4

 

d3c81fc6b6ec7987487857eb7a58d551_m

 

お風呂に10分を超えて入っていらっしゃる方だけではなく、その他の方も、間違った入浴のやり方が肌に負荷をかけているケースもあるでしょうから、今一度入浴法をチェックしてみましょう

 

 

 

解決法1 洗顔と変わらないイメージで、お湯をカラダにいくらかなじませて身体の汚れを落とす

 

3ba634358c3908137512941e0849f883_m

 

顔であっても身体であっても、肌は同じ構造によって構成されているのです。

 

 

顔を洗う際に、顔をお湯に長い間浸けてから洗顔剤をつけませんよね?身体であっても顔の汚れを落とすのと一緒です。少しだけ身体を湿らせてから、風呂につかるのに先立って、身体の汚れを落とすことをオススメします。

 

 

 

解決法2 洗顔と変わらないくらい沢山の泡を用いて、手を使って洗浄する

 

fffccc47217fe5fe261c5bb3ef933fcd_m

 

顔を洗う際、「泡によって力を入れないで洗顔するべきです」と頻繁に言われています。これに関しては、身体だって変わりません。

 

 

ナイロンタオルとかハードなブラシなんかで、ゴシゴシこすり付けると、皮脂膜を無くしちゃう結果に。

 

 

さらに、度が過ぎる負荷で肌表面に細かなキズが出来て、肌トラブルとか炎症等といった問題に見舞われやすくなる危険性があります。

 

 

 

解決法3 熱いお湯を使った入浴&長風呂は再チェックを!

 

a0b39cd7a6b25bded195e16b408a273f_m

 

入浴は身体の中から温かくして、冷え防止等においても有効であると考えられています。けれども肌のカサつきを考慮すると、かなりの時間アツい風呂に入るのは肌にかなりのダメージが及んでしまうわけです。

 

 

 

解決法4 湯船から出たらスピーディーにうるおい対策ケアを!

 

f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_m

湯船から出た後の肌は、皮脂であっても保湿因子であっても足りていない状況です。

 

 

何もしないで放置したままにしておくと水気が無くなり、制限なく肌はカラカラになっていくのです。

 

 

そのため入浴したならば、可能な限りスピーディーに身体全体にうるおい対策ケアをやってあげたほうが良いでしょう。

 

 

また、せっかく身体を泡によって力を入れないでキレイにしても、湯船から出た際に、ゴワゴワの手ぬぐいで、ゴシゴシする感じに身体を拭いたりしたら効果がありません。

 

 

湯船から出た後の皮膚はひときわ傷つきやすいことから、皮膚当たりがソフトなタオルを使って、ゴシゴシじゃなく、少し押し当てる感じにやんわり保湿を確保する事も忘れないでください!

 

 

そして最後に入浴後は、うるおい対策として保湿成分がしっかりと入ったクリームを全身に使ってスキンケアすること重要です!

 

 

保湿成分が非常に豊富なクリームがありますので、是非参考にしてください。

 

 

念入りにスキンケアを続けることで、確実に乾燥肌は改善されていくので、あきらめずに頑張りましょう!

 

primoレビュー8の出力したやつ

 

d17d1ffb21506fcc79b12716ebd0835c_m

 

あなたの妊娠線、肉割れ等の肌トラブルを改善してあげたい!

 

primoレビュー9の出力したやつ

 

2776f1a17baf11ef39616cf935c138f7_m

 

やっと会えたね!ここまで劇的に妊娠線、肉割れを改善できるなんて!

 

primoレビュー10の出力したやつ

 

b2012987386799264c3e4de0360ff1ac_m

 

妊娠線を絶対に作りたくない!どんな対策や予防をすればいい?

 

関連記事

当サイトイチオシの妊娠線予防クリーム



⇒公式サイトはコチラ

サイト管理人の紹介



管理人:マユちゃんママ(妊娠線予防ナビゲーター)

妊娠線予防ナビゲーターとして、数々の予防クリームを試してきた結果、あなたにとってベストなクリームをご紹介するためにサイトを立ち上げました!

詳しいプロフィールはこちら
return top