マタニティラインの予防を今すぐしたい!オイルって効果あるの?

実はオイルだけの使用ではあまり意味が無いのです・・・それについては最後までご覧いただきましたらわかります!

 

4169aae2d63070078f6f180b4e49bf62_m

 

マタニティライン予防のオイルって何がベターなの?クリームと比較してみてどこが異なるの?と考えておられる方も多いでしょう。

 

 

バラエティーに富んだオイルが存在しますけれど、マタニティラインを予防する為にベストなオイルのセレクトをして、適切に用いれば、マタニティラインを予防することを可能にすると考えられます。

 

 

そういうわけでここでは、オイルの有用性とか性質に加えて、適切な利用法をお知らせしていこうと思います。

 

 

 

1.マタニティライン予防にちょうど良い3種類のオイル

b6bf1b300f82bfbe83994de54abb905b_m

 

マタニティラインを阻止をするには

 

ホホバオイル

マカデミアナッツオイル

ココナッツオイル

 

の3種類が効果を発揮します。

 

 

どのオイルがベストみたいな事は無くて、各々のオイルの性質やご自分の皮膚を考慮してチョイスすると良いでしょう。

 

 

●ホホバオイル

 

jojoba-oil

 

浸透性とうるおいパワーに秀でており、お肌の保護だったり炎症を抑え込む効果が挙げられます。

 

 

ビタミンEがたくさん含まれていて酸化しづらく、皮膚のお手入れとかボディケアにたびたび用いられております。

 

 

違ったオイルと併用すると、酸化予防の作用もしてもらえるオールマイティーなオイルとなります。

 

 

●マカデミアナッツオイル

 

img_02

 

人の皮脂に非常に酷似している成分であるパルミトレイン酸をたくさん含み、皮膚に対しての浸透がとってもあるオイルとして、隠れて見えなくなるオイルと言われているようです。

 

 

このオイルは肌のお手入れに頻繁に利用されます。酸化しづらいオイルですから、長期に亘っての保存に向いているのです。

 

 

●ココナッツオイル

 

coconut-oil

 

キャリアオイルの内においては、ココナッツオイルのみ脂肪酸が入っています。

 

 

UV対応作用あるいは、お肌を弾力的にしておく役目を果たします。さらっとした質感が特徴で、肌につけても付け心地が良いです。

 

 

 

2.オイルの有益な活用の仕方とマッサージ

 

f97d63dd70f202a292a88ebc1020e513_m

 

オイルは油分が高くて、うるおいの持続力があるのだけど、クリームとかローションと比較すると、うるおい感がわずかしかありません。

 

 

うるおい感をフォローすることを考えたら、お風呂上りの皮膚が湿っているうちに活用すると、お肌となじみ易くなって浸透パワーがアップしますよ。

 

 

<マッサージのやり方>

 

お風呂から出たらオイルを付けるのに先立って、クリームを使用し、足らないうるおい成分を皮膚に加えます。

 

 

オイルを手に取って、左右両方の手で熱を加えます。

 

 

片手をおへそに当てて、円を描きながら、時計回りに腹部全面にオイルを付けてください。

 

 

逆側の片手も変わりなくおへそに当ててます。時計と逆回りでワイドに円を描き、わき腹をメインに付けてください。

 

 

ふたたびオイルを手に取って、とりわけ手の指先に塗りつけます。

 

 

両方の手を使って脇側より5回くらい円を描いて、恥骨に向かって付けてください。(2回)

 

 

両方の手を使っておへその下部から上へと向かって、上から下に揉みます。(3回)

 

ラストにおへその下部から子宮をなぞる感じにやって、おへそまで戻すようにしてください。(2回)

 

 

 

3.皮膚のうるおい対策においては油分が不可欠!

 

8c82153dfde37dc70a30655088eb2024_m

 

マタニティラインの予防になにより重要なのは、皮膚のうるおい感をキープして、乾燥にブレーキを掛ける事がとっても大切になります。

 

 

お肌がソフトになり、伸びが申し分ないと、どんどんマタニティライン予防の効き目がアップします。

 

 

マタニティライン防止に必要不可欠なうるおいと、お肌をソフトにする為に、オイルが望ましいと言えます。

 

 

オイルは油分が多くあって、ローションとかクリームに比べて保湿パワーが秀でていると報告されているんです。

 

 

さらには、保湿パワーだけじゃなくお肌の温度をアップさせる役目を果します。温度が上がればお肌がしなやかになり、伸びが改善されます。

 

 

 

4.オイルだけでは効果は発揮されない?

 

c596e7576b0c231e61b5ffe1b1b4c7c9_m

 

しかしながら、オイルについてはマイナスポイントも存在します。油分が大きいこともあって、水分量がクリームとかローションに比べてわずかしかありません。

 

 

なので、潤いがなくなっています皮膚に付けると、元来の有効性が保てない確率が高いのです。

 

 

ですので、水分が無くなっている皮膚にオイルを用いたい人は、ローションを使ってうるおいを供給した上で、オイルを付けるオイルの効果が発揮されるでしょう。

 

 

それに留まらず、もっと予防作用をアップさせたい人は、オイルとクリームの2段使いをぜひ推奨します。

 

 

その際に使う最適なクリームはこちらでご覧になれます!

 

 

オイルを適切に用い、マタニティラインを確実に防ぎましょう!

 

 

primoレビュー8の出力したやつ

 

d17d1ffb21506fcc79b12716ebd0835c_m

 

あなたの妊娠線、肉割れ等の肌トラブルを改善してあげたい!

 

primoレビュー9の出力したやつ

 

2776f1a17baf11ef39616cf935c138f7_m

 

やっと会えたね!ここまで劇的に妊娠線、肉割れを改善できるなんて!

 

primoレビュー10の出力したやつ

 

049e728619bcaa24721d858e5e8b99ff_s

 

時間が経った肉割れに効果があるクリームって無いのかな?

 

関連記事

当サイトイチオシの妊娠線予防クリーム



⇒公式サイトはコチラ

サイト管理人の紹介



管理人:マユちゃんママ(妊娠線予防ナビゲーター)

妊娠線予防ナビゲーターとして、数々の予防クリームを試してきた結果、あなたにとってベストなクリームをご紹介するためにサイトを立ち上げました!

詳しいプロフィールはこちら
return top