乾燥肌の間違ったスキンケアとは?ほとんどの女性が誤解している!?

ほとんどの乾燥肌に悩む女性は、そのスキンケアの方法を間違っていると思われます。本当に正しいお肌のお手入れとは?この記事の中で明らかにしていきますので、是非最後までご覧ください!

d30276cf804c8d51f14633e11f54ff42_m

 

乾燥肌とか敏感肌が引き起こされてしまうという部分は、皮膚のバリア作用がダウンしてきちゃうのが理由です。

 

 

加齢が原因となって、セラミド等といったバリア作用を持つ保湿物質の生成がダウンしてくるのも、乾燥肌をもたらす原因ではあると思われますけども、 加齢なんかよりも影響がデカいことが、正しくない肌のお手入れと、生活スタイルだと思います。

 

 

特に我が国においての、さまざまなスキンケアコスメが必要な段階を踏まなければならない積み重ねの塗り方をするスキンケアは、 「皮膚のバリア作用を崩壊させて、乾燥肌とか敏感肌が引き起こされる主要な原因」となるのです。

 

 

皮膚からしたらベストだと考えて実践しているスキンケアが、乾燥肌だったり敏感肌が生まれる原因」という部分を受け入れる事が、 乾燥肌と敏感肌を解決するための入り口であると言えます。

 

 

乾燥肌と敏感肌がもたらされる正しくないスキンケア

3ba634358c3908137512941e0849f883_m

 

<クレンジングのせいでうるおい成分が漏れ出る!>

 

女の人に乾燥肌がたくさんいる原因の一部が「化粧を行なう=クレンジングを行なう」ことが要因です。クレンジングは、化粧の油汚れを無くすものではあるのですが、 この時に油溶性とされる皮脂・天然保湿因子・細胞間脂質(セラミド)も含めて無くしてしまうのです。

 

 

いくらセラミドを補充しても、強力なクレンジングによって、消し去ってしまうことになり乾燥するわけです。

 

 

<荒っぽいスキンケアによって皮膚にストレス!>

 

皮膚をゴシゴシこする等の荒っぽい肌のお手入れは、角質層をダメにしたり、崩してしまうことから、バリア作用の悪くなる原因だと考えられます

 

 

化粧水を行き渡らせようと叩き込む感じに利用したり、美容液を皮膚にぬり込む感じに利用したり、お肌を引っ張ったり、伸ばす感じにクリームを付けたり、マッサージ行う事は、ひとつ残らず皮膚からしたらマイナスとなります。

 

 

<皮膚に触る回数がたくさんであるほど炎症の危険性大!>

 

重ね塗りを行なう我が国の肌のお手入れは、その分だけ素肌に触る回数が頻繁になるはずです。皮膚に対してのこすれだったりストレスは、その分だけバリア作用にマイナス要因となって、皮膚の内側において、炎症を引き起こす原因にすらなってしまって、炎症は皮膚の代謝サイクルをくずしててしまうことから、バリア作用の確立が不十分になって、乾燥肌とか敏感肌が生じてしまうわけです。

 

 

 

シンプルなお手入れに目を向ける!

d0749a71d946d1f81ff6b7f5367bf999_m

 

<とにかく皮膚のうるおい成分をキープする事が第一!>

 

乾燥肌だったり敏感肌においては、皮膚の組成成分と変わらない保湿成分をフォローするといったスキンケアがベターでありますし、素早い効き目も見られますけども、それ以前に実践すべき部分は、 常日頃のクレンジング、あるいは洗顔が元になる皮膚のうるおい成分の流出をストップすることが不可欠です。

 

 

クレンジングが皮膚のバリア作用を漏洩させる部分は、さっきも解説した通りですけれども、洗顔においても、ゴシゴシ洗顔は言うまでもなく、熱を帯びたお湯によって洗顔してしまった場合、 皮脂とか天然保湿因子、セラミドを漏洩させる元凶となることから警戒が不可欠です。

 

 

おすすめなのは、クレンジングそのものを行なわないことだと言えます。しかし、これに関しては、要するに化粧を止めろという話なので、女の人にしたらハードルが高いはず。

 

 

可能ならば、石鹸によって取り除ける化粧に変えるか、ミルククレンジングによって取り去れるくらいの化粧に留めておいた方が良いでしょう。

 

 

 

<化粧水を介しての水分補給は保湿とは異なります。>

 

たぶん日本人の女の人が、ダントツに保湿に関して誤解している要素がこの部分、「化粧水=保湿」と捉えている事だと思います。「乾燥肌は皮膚のうるおいが足りない状況なんだから、水分の供給を行なうのが当然ではないですか?」と考えた、そちらのあなた!実はこれは間違っているのです。

 

 

乾燥肌とされるのは、水分をキープできなくなった段階となります。仮に表現すると、底に穴が空いているバケツと同じ。穴があるバケツにどんなに水を加えても みんな漏れてしまうでしょう。乾燥肌に化粧水を使って、水分の供給を行うというのも大差はないことだと言えます。

 

 

水を溜めることを望むなら、バケツの穴を閉じないとダメなことからもわかるように、皮膚も水分をキープできることに結び付くことを望むなら、水分蒸散をブロックするバリア作用を、パワーアップすることが重要になります。

 

 

そのことが、今残っている皮膚のうるおい成分をクレンジングとか洗顔から防御して、保水パワーをアップさせてくれる保湿成分を外側からフォローするということであります。

 

 

「乾燥している皮膚に供給しなくてはいけないのは、水分じゃなく、保水パワーをアップさせてくれる保湿成分」であるということは、きちんと念頭に置いてほしいです。

 

 

 

乾燥肌と敏感肌のことを考えて意識するべき肌のお手入れ

a5161f1b3e7199585e8c6ca4bf0f6fca_m

 

乾燥肌と敏感肌に不可欠な肌のお手入れを解説します。

・クレンジングと洗顔を意識して、うるおい成分の漏洩をブロックする

・皮膚の保水パワーをアップさせ、バリア作用をパワーアップする「セラミド」を加える

・皮膚に対しての摩擦とストレスをセーブすることを狙って、保湿クリームの力を借りる

 

 

乾燥肌も敏感肌も共通して言える事は、バリア作用のマイナス(=セラミドが足りない状況)だと言えます。であるから、肌のお手入れは、可能な限り皮膚にストレスを加えないことに気を付けて、 今保持している皮膚のセラミドを防御し、さらにセラミドをどう加えるか?というポイントにまとめることができます。

 

 

40代を超えたあたり以降、加齢が原因でセラミドであったり、皮脂の生産分量が下降してくるから、スキンケアコスメによってカバーしてあげることが大切ですけども、20から30代のケースでは、肌のお手入れと生活サイクルを再チェックして、バリア作用をパワーアップできれば、コスメによってセラミドを加えることも、しなくてよくなると思われます。

 

 

などというのは言い過ぎで、クレンジングを行なう以上は、理想的な保水パワーが備わった皮膚に変える事は簡単ではないのですけど、 今と比較すると、間違いなくお肌の質は素晴らしく変化すると思います。

 

 

ところで、保湿のお手入れに関して必要不可欠なスキンケアアイテムと言えるのは、クリームだと断言できます。 最近でもクリームを油分をフォローするのに限られたアイテムだと考えていたり、ベタベタがイヤで、利用したくないと言われる方がいるのですけど、とんでもなくマイナスになっていると言えます。

 

 

保湿力で選ぶならこれがベストと言われている商品はこちらでご覧になれますよ。

 

 

乾燥肌とか敏感肌において、保湿クリームくらい必要とされるアイテムはないといえます。ですから、どんどん保湿クリームを利用していきましょう!

 

 

primoレビュー8の出力したやつ

d17d1ffb21506fcc79b12716ebd0835c_m

 

あなたの妊娠線、肉割れ等の肌トラブルを改善してあげたい!

 

 

primoレビュー9の出力したやつ

2776f1a17baf11ef39616cf935c138f7_m

 

やっと会えたね!ここまで劇的に妊娠線、肉割れを改善できるなんて!

 

primoレビュー10の出力したやつ

33bab946b034cb8064881270b886d37d_m

 

産後もボディークリームが必要?どんなボディケアをすればいいの?

 

 

関連記事

当サイトイチオシの妊娠線予防クリーム



⇒公式サイトはコチラ

サイト管理人の紹介



管理人:マユちゃんママ(妊娠線予防ナビゲーター)

妊娠線予防ナビゲーターとして、数々の予防クリームを試してきた結果、あなたにとってベストなクリームをご紹介するためにサイトを立ち上げました!

詳しいプロフィールはこちら
return top